日々の徒然 Blog

柚子ポンの季節

10月も終わりになり肌寒くなってくると、食べたくなるのがお鍋。

そんな鍋に欠かせないのが「柚子ポン」。

以前、このブログにも書いたと思いますが、僕は大・大・大の柚子ポン好きで、

柚子ポンが冷蔵庫に入っていないと落ち着かないほどの「柚子ポン中毒者」です。

市販の物では柚子と酢の酸味が物足らず、追い足しで柚子を絞らないとキマらない時もあるほど。

寒い冬は嫌だけど、温かい鍋と、柚子ポン酢が美味しい季節は大歓迎!

はたして、来年の3月頃まで続く鍋シーズンに、どれだけのポン酢を消費するんだろうか…

そんなこんなで、冊子ツルカメ11・12月号の発行です!

今回も地元の情報満載でお届けします。

お近くのスーパーやお店で見かけられたら是非手に取って下さい。

広告の掲載を頂いたお店様、企業様にはこの場をおかりしてお礼申し上げます。

 

それでは今日の一曲。

 

焚き火のススメ

先日「焚き火で昼ごはん作って食べない?」と、山友達からのお誘いのLINE。

家の近所の、今は使われていない山の中のキャンプ場で、自前の薪と、現地調達の枯れ枝を使い、即席の野外台所の設営完了。

先ずは冷凍ラーメンで空腹をごまかした後、食パンを使った卵焼きとウインナーを挟んだホットサンド作り、それと並行してご飯を炊いて、炊き上がった頃にはメインの鍋料理(水炊き)に突入!

久しぶりの「焚き火会」は、前回と違いメニューが増えたのは良いのだけれど、とにかく作ってみたい、食べたいものだけをチョイスした結果、脈絡のない、まさしく〝男の料理〟的な内容となった感は否めない…

でも、まわりを緑に囲まれて、横には小川が流れ、人の気配の全く無い野趣溢れる環境で、焚き火を囲む食事は、とても美味しく有意義で至福の時間でした。

 

そんなこんなで情報誌ツルカメ10月16日号豊岡・京丹後版の発行です!

今回も地元の情報盛り沢山でお届け!

掲載頂いたお店、企業様本当に有難うございました。

 

それでは今日の一曲。

 

company ツルカメ舎について

サボテンや観葉植物とお気に入りの椅子等に囲まれた
穏やかな空間でデザイン事務所を営んでおります。
ご相談や打ち合わせの際はお気軽にお越し下さいね。

〒668-0054 兵庫県豊岡市塩津町1-24
tel.0796-22-5860 fax.0796-22-5861

代 表/ 山羽 秀一  制作責任者/ 足立 智之